ワンピース
ONE_PIECE

『ワンピース』結果一覧はコチラ

日記

オマツリ男爵と秘密の島『ONE_PIECE,ワンピース』

ONE_PIECE,ワンピースについての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ONE_PIECE_THE_MOVIE_オマツリ男爵と秘密の島より引用>

『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』等で演出手腕に高い評価を得た細田守を監督として迎え、更に2005年は劇場版ドラえもんが不在だった事から、20億円超えも期待されたが興行収入が12億円と予想外に厳しい結果となった。

一部では従来の劇場版とのテイストの違いから「ONE PIECE らしくない」という声もあったが、表現の豊かさや、細部まで行き届いた描き込み、色の鮮やかさなどアニメとしては非常に完成度の高い作品である。シリーズ最高傑作との呼び声もある。

今作では作画に影をつけずに動かす手法が採られ、更に従来よりも表情が柔軟になり、作画が崩れるギリギリのラインで動いている。これには高い技術と労力を要するため、アニメファンから高く評価された。 一方アニメ版ONE PIECEとの表現の差が大きかった為、作画手法に詳しくないファンには受け入れられなかった。しかし、「TV版よりもこっちのほうが原作に近い」という声もある。

またストーリーに関しても、宣伝やポスター等で陽気な「お祭り」のイメージを全面に出していたが、実際にはシリーズ中特にハードで重いストーリー展開であり、主なONE PIECEファン層である小学〜中学生層には理解し辛い内容であった事は否めない。またクライマックスには予期せぬタイミングで、グロテスクなシーンが訪れたり、ONE PIECEファンの子供には不親切な内容であった感もやはり拭えない(後に発売されたDVDではそのシーンは黒く塗られ、修正が加えられた)。

今作のテーマでもある「仲間」というのは原作のONE PIECEにも深く通じる物であり、細田守の解釈で原作のテーマに真っ向から挑んだとも言える。また細田はアニメ雑誌等で「お祭りって楽しいだけではなくて、ダークで怖い面もある。そういう部分を描きたかった」と語っており、ショッキングな描写にも何の意味も無い訳ではない。 ファンの間でも最も賛否が強く分かれた作品である。

ストーリー
ルフィ一行は訪れたオマツリ島で、オマツリ男爵により数々の不条理な試練を受けさせられ、仲間たちがその中でどんどん不協和音を鳴らしてしまう。そんな中チョッパーは、この島に不自然さを感じて始めていた。
<関連ブログ>
ラビットさん(Super)/[comic]サムライうさぎ/うぃっす/昨日の続き/特設サイトー/平古場について考えてみる/うぐぐ・・・!/漫画の楽しみ方/試行錯誤/ジャンプ14号感想/キャラクター紹介/あーあ。/JIJI、その後/り・ぼーん!!/じゃんぷ!!/あ、ちっちゃいね/うししし!俺王子だもん!/厚塗り練習ー/皐月/破損。。/ジャンプ14号感想/銀魂!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。